2016.10.13

静岡県民間在宅福祉サービス事業者協議会主催 サンケア21のメンバーが接遇&リスクマネジメント研修会に参加!

福祉サービスの多くが措置から契約となり、事業所・施設では利用者・家族に選んでもらえるためにサービス向上に向けた努力が日々なされています。しかし、そのような中、職員のマナー違反によりクレームが発生したり、目配りの不足等により介護事故や伝達ミスの予兆を見逃していたりなど、日々の業務に追われ、職員の意識が薄れている時に、多くの事故・トラブルが発生しています。そこで、実際に起きた事例を用いながら、日々の業務の中にある接遇の視点から事故・トラブル防止策の知識・技術を習得しリスクマネジメント力の向上を図ります。

研修会概要
日時 平成20年10月14日(月) AM9:00~PM17:00
場所 グランシップ静岡 908会議室 利用者負担
議題 接遇でサービスが変わる!明日から取り組むリスクマネジメント
講師 E&Eプロモーション㈱ 代表取締役 石割郁子先生

 

なぜ接遇がリスクマネジメントになるのか?
職員に「リスクマネジメントの意識」を浸透させる為の指導ポイントは!石割先生の迫力ある講義
と実践に、受講者は真剣!
・言葉使いによるトラブル防止とは?
・「クッション言葉」による苦情・トラブルの防止。
・クレームは大一声で決まるの。
・「笑顔とアイコンタクト」によるミスの防止は大きい。
・「しているつもり」は挨拶・返事にならないの。
・「声掛け」は安全管理の面からもとっても重要!

1 2 3